「 キヌア 生産 」 一覧

キヌアの7つのメリット

インカ帝国の人々がキヌアは食用に向いていると気づいてから、3000年から4000年経ちました。 インカ帝国では、キヌアは戦士たちのスタミナを増幅させると信じられ、 「インカの黄金」でした。

続きを見る

キヌアの歴史

キヌアの起源 キヌアはペルーとボリビアのチチカカ湖周辺が起源の植物です。 紀元前3000年~5000年、キヌアは栽培され始めたと言われています。 キヌアはインカ帝国の人々にとって主食でし

続きを見る

キヌアの生産量

キヌアの生産は南米以外でも行われるようになってきましたが、 国連食糧農業機関(FAO)が把握している国は、ボリビア・ペルー・エクアドルの3国です。 FAOは、その3か国のキヌア生産量を南米およ

続きを見る

キヌアの国別生産シェア

キヌア生産はアメリカ、カナダ、フランス、オランダ、デンマーク、イタリア、インド、ケニア、モロッコ、中国等にまで広がっているものの、 収穫後の加工や流通の実態などは、詳しくは不明であるというのが現状で

続きを見る

PAGE TOP ↑