キヌアの生産量

キヌアの生産は南米以外でも行われるようになってきましたが、
国連食糧農業機関(FAO)が把握している国は、ボリビア・ペルー・エクアドルの3国です。

FAOは、その3か国のキヌア生産量南米および世界合計としています。
2008年まで、ペルーとボリビアが世界のキヌア生産量の92%を占めていました。
FAOの最新のデータは2011年のデータですが、それによると、ペルーのキヌア生産量は約41,000トン、ボリビアでは約38,000トンです。

キヌアの生産量の推移はグラフにまとめました。

キヌア生産量(単位トン)

キヌア生産量
参考:FAOSTAT

関連記事

キヌアの生産シェア

キヌアの国別生産シェア

キヌア生産はアメリカ、カナダ、フランス、オランダ、デンマーク、イタリア、インド、ケニア、モロッコ、中

記事を読む

キヌア価格

キヌアの価格は上昇中!

世界的な需要が高まるにつれ、キヌアの価格は高騰しています。 グラフにあるように、価格が3倍にも跳ね

記事を読む

キヌア・NASA

キヌアにNASAも注目!

キヌアの栄養価は極めて高いため、NASA(米国航空宇宙局)はキヌアを長期の宇宙ミッションにおける

記事を読む

国際キヌア年

国際キヌア年

南米に位置するボリビアの大統領によって提唱され、 国連は2013年を「国際キヌア年」と定めまし

記事を読む

キヌアについて知っておくべき7のこと!

1.キヌアはおいしい! ある食材がどんなに体に良いと言っても、 おいしくないとしたらあまり進

記事を読む

キヌア

キヌアが食卓に並ぶまで

植物としてのキヌア キヌアは種類により、赤、黄、紫、白など様々な色を呈します。 収穫でき

記事を読む

キヌアの歴史

キヌアの歴史

キヌアの起源 キヌアはペルーとボリビアのチチカカ湖周辺が起源の植物です。 紀元前3000

記事を読む

キヌアの呼び方

キヌアの呼び方

キヌアには様々な呼び方があります。 日本でもキヌアやキノアと呼ばれることがあります。 その理

記事を読む

 

PAGE TOP ↑